高橋新志の雑記帳です。くだらない事から機密事項までホゲホゲと書いてあります。


by shinji-takahashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:アウトドア( 48 )

c0039145_11534612.jpg
恒例の三戸浜海水浴です。
去年と一昨年はジャニスが要介護の為、行けてなかったので都合2年振りですわ。
c0039145_11534637.jpg

相変わらず三戸浜は空いていて、走るの大好きなワンコにとっては天国でしょう。
今年は色々なことに気を使う必要のないお気楽な海水浴でした。
by shinji-takahashi | 2015-07-31 14:30 | アウトドア

小櫃の恵

c0039145_22352610.jpg
ツビオバーチの近所にあるJA直売所の未楽囲(みらい)で売ってる小櫃産のクレソンが激ウマなんです。
c0039145_22435856.jpg良く買っては食べているんですが、何故か塩味が効いててそのままいくらでも食えてしまう。
という訳で栽培開始します。
買ってきたクレソンを2〜3日綺麗な水に浸けて置くと根が出てくるので、それを植えただけですがね。育つといいですね〜
c0039145_2248215.jpgたまプラーザの家の庭には、何故が湿っぽい場所があるので、そこ近辺にクレソン植えました。
クレソンは水辺に自生するって聞いているので湿っぽい所へ植えてみました。
そして今日はツビオバーチ菜園で採れたサツマイモで大学イモです。
でもなんでダイガクイモって言うんだろ?昔は学食でこれしか無かったとか?
c0039145_22565533.jpg

by shinji-takahashi | 2011-11-27 14:30 | アウトドア

餅つきベーコン

c0039145_11455469.jpg
ハイ、今年も高齢のモチツキ大会@寒川です。
c0039145_11464382.jpg突くとは言っても実際に突くのは機械ですが、突かれた餅をコネテ広げるのは人間様です。
って事で正確には餅つきでは無くて餅ひろげ大会ですかね。
毎年この日が来ると年の瀬を(やっと)感じます。遅い?
最近は年末年始でも普段通りの生活が出来てしまうからつい季節(年末年始)が分からなくなるよね~
c0039145_1151332.jpgこの行事は大事な年末の風物詩としてやり続けて行きたいと思います。はい。
水に浸したもち米をカマドで炊きます。このときのカマドの燃料はご近所から頂いた廃材です。エコです。
そしてココでもジャニスは子供にも大人気です。毎年戌年なら必ず年賀状に使われるであろう写真をい撮られます(笑)
c0039145_11552759.jpg
(機械で)突きあがった餅は手で捏ねながら伸ばして行きます。
c0039145_11564265.jpg平らに伸ばして広げて乾燥させます。
ある程度乾いてきたら、包丁で好みの大きさに切って出来上がり♪
作業自体は簡単ですが、なんせ量が多い。多いけど皆で分担してやるのでワイワイガヤガヤ楽しいです。
粉まみれになりますが。
c0039145_11592853.jpgそして今日の賄いです。
着きたてのお餅をトン汁に入れて食べます♪
メニューのバリエーションは他にもあんこ(小豆)、大根おろしなどなど。
結局、美味くて食いすぎます。毎年のことですが。
そして今年は更に、ココでも燻製します(笑)ベーコンです!
c0039145_1223434.jpg
賄いのオプションとしてモクモクしてもらいましたBYなべちゃん。
c0039145_1231772.jpgチャーシューの様に見えますが、ベーコンのブロック肉です。
しかも厚切り!いやあ~これは美味かった♪♪
このスモークベーコンでパスタとか作ったらすげー美味そう!
c0039145_1252685.jpg
毎年餅つきの日は晴れますね~何故か。
c0039145_1261017.jpgでも今日は風が強くて体感温度はかなり低かったかも。焚き火の前が特等席でしたね。
後半戦では鏡餅も作ります。
先週はしめ縄を作り、今週は鏡餅を作りました。正月の意準備万端ですね!
来年は門松も作るかな。
c0039145_12122021.jpg

by shinji-takahashi | 2010-12-26 14:00 | アウトドア

脱穀@寒川(稲作)

c0039145_1933272.jpg
お手伝いさせてもらっている寒川の田圃もいよいよ大詰め。
c0039145_19342643.jpg2010年度稲作も脱穀の運びとなりました。
後は年末の餅つきで今年度の稲作@寒川が幕を閉じます。
実はこの稲作@寒川ですがワシは2006年から毎年参加させて貰ってます。
参加というとカッコ良いが「予定が合えばお手伝いに行く」というユルユルな感じで行かせてもらってます。
基本的にお手伝いすべき作業は「田植え」「稲刈」「脱穀」「餅つき」の4つです。つまり年間に4日しかお手伝いしていません。更には2006年から手伝っているにも関わらず「脱穀」は2010年今年が初参加です〜スンマソン。
c0039145_194559.jpgと言う訳で、実は初脱穀だったりします、わはは。
ま、おかげさまで今回の脱穀を経験して、稲作コンプリート!
コレ以外にも実際の稲作の作業は色々とあるんですが、人手が必要な物は上記4作業かな?
まあ餅つきは稲作ではないけどね(笑)楽しいからやるのね。はい。
3週間前に刈り取りして逆さにして天日干しした稲穂が脱穀機に掛けるとこんな感じで籾殻付き米で袋に溜まります。
c0039145_19485190.jpg
とりあえず溜まった籾殻付き米はこの後軽トラに乗せて、籾擦りをして玄米へ精米します。この精米作業も結構力仕事でしたね。
c0039145_1950532.jpgそしてこの玄米を食べる毎に精米し白米としてご飯に炊きます。ウマー♪
乾いた田圃に無造作に放置されている米部分が脱穀された藁状の稲穂は束ねて、これまた軽トラで納屋まで運んで行きます。
以前は酪農家へ牛の餌として差し上げていたらしいですが、今は近所の酪農家が居なくなりこの藁は畑の土に混ぜて肥料とするか、燃やしてしまうか、らしいです。
実にもったいない。牛でも飼うかな。
いにしえの日本の1次産業の知恵は本当に良く出来ているし、上手く廻っていたんだなと感じざるを得ません。実に効率的です。
c0039145_2025979.jpg
今日の作業終了〜
by shinji-takahashi | 2010-11-06 15:30 | アウトドア

信州青木湖で農的生活

c0039145_1615642.jpg
最高なプロジェクトでした〜♪また行きたい&やりたい!
c0039145_1616356.jpg長野県にある青木湖のほとりで民宿「山湖荘」を営んでいた北野の奥様ともちゃんの実家ですが、去年お母様が亡くなられてからは民宿も閉じられており、お父様が愛犬のんちゃんとヒッソリと暮らしている。
ソコへ名目上稲刈りの手伝いと言うことで集結した騒がしい人間達で今週は賑やかです。
参加者はともちゃんのお父様、北野夫妻(主催者)、池田夫妻(だ埼玉在住)、サム&あや一家(ロンドン在住!)そしてワシとジャニス。まさにインターナショナル!
c0039145_16245450.jpgココ青木湖は長野県の信州地方にある湖で、仁科三湖のウチ最も奇麗な湖です。
かなり幻想的です。
それもそのはず、透明度は日本の湖では2番目だそうです。奇麗な訳だ。
さらにエンジン付きの乗り物の乗り入れを禁止してるそうです!だから騒音も聞こえないし波一つ立ってなくて静まり返ってます。日本じゃないみたいです。
こんな素敵なロケーションのところがあるんですね♪
朝の散歩も湖のほとりを歩くだけで十分に気持ち良くジャニスも満足げでした(本当か?)
うーん、もっと満足したい〜?ジャニス的には何か物足りない散歩だった様で・・
あ、やはり、、やはり、、
泳ぎました〜まあ、しょうがネエな〜♪
c0039145_16314576.jpg

ボクも泳ぎたい〜とサム&あや夫妻の子供でハーフ(当たり前か)のルーク。
c0039145_16335420.jpg

c0039145_16352395.jpg山湖荘はそれはそれは立派な民宿でまだまだ現役としてガンガン活躍しそうな佇まいです。
しかしながら労働力が不足してて営業する事が困難です。実にもったいない。
ワシが運営したいくらい。
そして、看板娘の「のんちゃん」です。
看板娘と言うにしてはジャニスと同じくらいのお婆様犬です(笑)
ペースもジャニスと一緒な感じで、お互い空気の様に漂っている良い存在感でした。お友達に決定です。
山湖荘、お風呂も大きくて奇麗です。
何かに活用したいですね〜
部屋数も結構有り、冬はウィンタースポーツの基地としてかなり活躍出来る気がします。
冬だけでも営業すればかなりイケそうです。
あ、ちなみに今回は2階の和室のレイクビューの部屋へ泊まらせて頂きました。ペット同伴可でした(但し大人しい犬に限るw)
c0039145_16452784.jpg
さて本題の農的作業ですがまずは稲刈りから。
c0039145_16482771.jpg青木湖のほとりに有る田圃で稲刈りをします。
本当に湖のほとりなんで働いて(稲刈り)いても最高に気持が良いです。
今日は今年の異常気象(猛暑)の名残でかなり暑かったんですが、青木湖を渡る風は涼しくて気持ち良かったです♪
稲刈り自体はエンジン付きヤンマー稲刈機で行います。これも寒川地方と一緒(笑)
が、ハゼ掛けがやはり重労働です。先日降った雨の影響で今日もまだ田圃ヌカルんでいるので足を取られ易く、歩くのが重労働でした。
c0039145_165652100.jpg
ハゼは常設なので作る手間は省けた。
c0039145_1659872.jpg
田圃地面がヌカルんでいるのでキャタピラ付きの何か(?)で刈った稲を運ぶ。
c0039145_171138.jpg
今回稲刈初体験の池田君。全くのド素人。
c0039145_172526.jpg稲刈が一段落した所でお楽しみのランチタイム♪
日本で二番目に奇麗な青木湖のほとりで食べるオニギリはかなーり贅沢です。
労働の後の握り飯ってなんでこんなに美味いんでしょうかねえ〜?幸せなひとときです!
ココの所、毎年どこかで稲作に関わる事が出来てお米の大切さ、と言うより愛しさ?を実感してます。
ご飯粒は絶対に残しませんから!
しかし例年はこの稲刈の作業を夫婦二人でやっていたお父さん、尊敬します。
c0039145_177217.jpg
そして午後からは芋掘りです。
c0039145_1774940.jpg田圃からお芋畑へ軽トラで移動中にもファンキーなサム一家。
ロンドンには軽トラは走ってないので、狭い荷台に乗る事も貴重な経験でしょう(笑)
青木湖は冬にはかなり雪深くなり、山湖荘の入り口アプローチはかなりの急坂なので、やはり軽トラはスバルサンバーの4WDでした。
豪雪地帯にサンバーは似合うね〜軽トラをカッコ良いと思える瞬間です(笑)
c0039145_17124233.jpgそして芋掘り会場へ到着。
ジャニスはまずはお約束の探検です。
お婆様が徘徊してます。
3つ程の畝をひたすら桑で掘り返しますが、想像出来ない程の多量のジャガイモが出て来ます。
正に芋づる式!
これにはロンドン在住のIT戦士のサム一家もビックリでしたね。
いつも農作業を行うと思う事だが、日本には本当に食料問題は存在するのだろうか?と考えてしまう。
c0039145_17195381.jpg

ちゃんと農的生活を行えば、食料(特に野菜)のコストはかなり押さえられるんではないかと。
c0039145_17202792.jpgこの「ちゃんと」ってところが重要かと。
偉い(偉そうな)コンサルちっくな似非経済人達が農業で働く場合のコストを人件費見合いで計算しているウチは農業で従事して生計を立てる事なんて考える人は少ないと思うが、農的生活(農業でない所がミソ)をして自前の作物でエンゲル係数を下げる事は可能ではないかと思うし、意味のない無駄なバブルチックな贅沢は減るのでは?と思う。
皆基本に返って見ようよ。生きる事はナニさ?
by shinji-takahashi | 2010-09-19 20:00 | アウトドア

海水浴

c0039145_20333885.jpg
今日は江ノ島の船乗りに誘われて、海水浴に行って来た!
c0039145_2035840.jpgとは言え、湘南のゴチャゴチャした砂浜でチャプチャプ遊ぶ海水浴ではなくてダイナミックにヨット何艇も横に抱かせて人工島を作り、その周りでジャブジャブする海水浴でした。
そして、教お世話になった船がこの「赤城」です。江ノ島マリーナ所属の船です。
今日参加の船は、江ノ島ヨットヨットクラブと油壺ヨットクラブの船が総勢6隻です!
その他、船外機付きの二人乗りのテンダーもありましたね。
まずは江ノ島マリーナを赤城号、アリアドネ号とでランデブーで出発♪
目指すは、葉山の一色海岸沖200m(笑)そこへアンカリングして島作ります。
油壺から出た船はもう既にアンカリングして抱かせているとの事。
急いで向かいますよ。
が、折角なので気持ちの良い帆走で向かいます。まずはアリアドネ号がセールアップ。
c0039145_20433260.jpg

そして、我が赤城号もセールアップして追従!
c0039145_20451342.jpg

既に横抱き島となっている船達は周りが海水浴場と化してました。
c0039145_20465446.jpg

何故か海賊もいたりして。
c0039145_20483378.jpg

更には!サメ出現!サメを素手で捕まえるMr.ジョニー。そしてその後方にはサメにやられたか?ドザエモン?
c0039145_2050192.jpg

当然この島には海の家はなく、食べ物も飲み物も売ってませんので、各自持参した食品、飲料を持ち寄りで突いてたんですが、これが大正解♪c0039145_205236100.jpg非常に美味かった!
女性の皆さんは、お弁当作って来てる方もいて分けてもらいました!
あとは飲み屋風にお惣菜の山でしたね。かなり充実。
海水浴終了と共に全船江ノ島へ向かってセーリングです。風がかなり良くて最高なセーリングが出来ました!スピンも上げて8ノットくらい出てたね。
やっぱセーリングしてる時はヨットは最高ですわ。
そして、江ノ島マリーナへ到着後はそのままポンツー上で船の上は大宴会〜♪
と充実した海水浴でした!また誘って下さいね。
by shinji-takahashi | 2010-08-21 18:00 | アウトドア

カレーBBQその2

c0039145_234340.jpg
またしてもBBQです。
c0039145_2344335.jpgまあ、夏なんでソレしかないのかと言われれば、そうでもないがムニャムニャ・・
良いじゃないですかBBQでも。
しかし!今回もカレーBBQ(加齢臭漂うBBQ)でした。ちゃんちゃん。
何故か前日に「明日は栃木県の佐野まで来やがると良いよ」とお電話あり。
急遽予定を変更して期待に胸と股間を膨らませて栃木県佐野市のBBQ会場へ。
悲しいかな、オヤジ満塁のBBQです。
ま、生活の上での生きる為のイトナミと言うことにしておきましょう。
そうです、飯を喰らいに栃木県佐野市まで来ました。
え?どんな飯かって?
そりゃ〜こんな地の果てまではるばる繰り出すんだからスペシャルでデリシャスでエクスペンシヴな肉を焼きますよ〜
ジャーン
c0039145_2312448.jpg
ウマかった!まいうーです♪
と言うことで肉はマジうめ〜かった!パねぇ!もうそれだけで満足さワシは。夏はコレからさ♪
by shinji-takahashi | 2010-08-01 18:00 | アウトドア

降ったね〜♪

c0039145_2033554.jpg
予想通りと言うか希望通りと言うか(笑)雪降りましたね〜♪c0039145_20344734.jpgそれも結構降りました!中雪くらい?
2日朝時点での積雪は横浜は3cmでしたね〜
1日の夜からドカドカ降り出して来て、夜半には止んでいましたが朝方の気温低下で残った様ですね〜
家の前もこんな感じでスタッドレス活躍してくれました♪
まあ、正直スタッドレス履いてなくても丁寧に走れば大丈夫なくらいのレベルでしたけど、日陰は凍ってる所も有ったのでスタッドレスが有効でした。
c0039145_20384924.jpgただね我が1stプリウスは発進時のモーター駆動時のトラクションが結構掛かるみたいで、スタッドレス履いてても発進時はスリップしまくってましたね〜
トルクのデカイモーター積んでるからしょうが無いんでしょうがね。
ま、気をつけて走ればどうにかなるレベルですがね。
4輪駆動のジャニスは雪を見てまた興奮です!やはり喜び庭かけ回り。
c0039145_2042488.jpg
犬に生まれて良かったと思ってるに違いない!くらいに喜んで意味不明に駆け回ってました。
by shinji-takahashi | 2010-02-03 12:30 | アウトドア

Oh!DAIBA-BBQ

c0039145_221911.jpg
お台場潮風公園にBBQ誘われていって来た。当然ジャニス同伴で。c0039145_2220794.jpgこんな都会のお台場の公園でBBQが出来るんですね〜
しかも、道具も全て貸し出しで食材だけ持ってくればOKという何とも都会的でスマート(?)なBBQスタイルです。
いつもツビオバーチでやっている様なサバイバル系BBQとは一味違います。
ちなみにコノ七輪は持参品です。
ここ潮風公園BBQスタイルでは七輪でのBBQはどうやら禁止らしいので、七輪では何も焼きませんでした。
火を点けてしまったので消えるまで暖をとる為に使いましたね(笑)
c0039145_22244673.jpgそうそうキャンプ用の椅子までも貸し出し可能です。
正にワシは手ぶらでジャニスのウンチ袋だけ持って参加しました。
イステーブルBBQコンロ・・と全て貸し出し品です。すげー楽。
気温が少し低かったのでジャニスはいい感じで湯たんぽ状態でしたね〜
でもワシ的には女の子ばっかりのBBQは好きですワン!
たまにはこういう都会的でスマートなBBQもイイネ♪
by shinji-takahashi | 2009-11-29 22:00 | アウトドア

稲刈り2009

c0039145_239693.jpg
今年も稲刈りの時期がやってきました。
c0039145_23101046.jpgここのところ毎年N氏親族のご好意によって神奈川県寒川の田んぼを2反ほど手伝わせてもらっている。寒川の稲作では千葉と比べて田植え、稲刈り共に遅い。
千葉ではすでに稲刈りが終わってすっかり田んぼは落ち穂状態ですが、寒川では今日稲刈りです。
まあ涼しくなってからの稲刈りなんで暑がりとしては丁度良いのですがね。
で、稲刈りだが毎年このN氏親族の田んぼは人だかりである。ほかの田んぼの所有者からも好奇の目で見られてるらしい。c0039145_23111884.jpg昨今、農業人口が減って、とくに専業農家は都心部ではなかなか少ないのではないでしょうか?その中でこれだけの動員のある田んぼは寒川地域ではここの田んぼがダントツであろう(笑)
皆、ほぼボランティアでやっているが、心遣いとして出来上がったお米を分けて頂くのである。作業日は昼ごはん、おやつ付であるし。
なので正確にはボランティアではない。ワシは勉強させてもらっていると思っている。稲作のノウハウは随分と身についたかも!
c0039145_23133193.jpgま、今年はシルバーウィークに挫いた足が痛いので、人数も多い事だしほぼ見学でしたがね(笑)
来年当たりはここらの休耕田を借りて自分たちだけで稲作をしてみたいもんです。
おっと、その前にN氏のお婆ちゃんに苗床の作り方教わらないとね!
自分達の手で育てたお米を食べる!これは最高!
お米の完全自給自足目指して頑張るぞ〜
by shinji-takahashi | 2009-10-10 22:00 | アウトドア