高橋新志の雑記帳です。くだらない事から機密事項までホゲホゲと書いてあります。


by shinji-takahashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:ツビオバーチ( 140 )

c0039145_09254887.jpgツビオバーチの太陽光パネル電源のバッテリーが弱ってきたので、念願のディープサイクルバッテリーへ交換!
まぁ中古ですがね。
おかげで格安でした。
このバッテリーはゴルフ場のカードで使用されていた物の様です。
ゴルフ場のカートは、特性上、バッテリー切れで動かなくなったら大問題と発展してしまうので、バッテリーも少しくたびれるとすぐ替えてしまうという噂を聞きつけて、ゴルフカートで使用されていた廃棄バッテリーを探してたので、見つけた時はヤッホーでした。
上に乗っているのは今まで使用していた自動車用の普通の鉛バッテリー40AH(容量)です。さすがにくたびれてきてます。
c0039145_09260569.jpgそして新たに導入したディープサイクルバッテリーは中古ですが100AH(!)です。ヤッホー!
重さ50kg程あります。
今回、自動車用鉛バッテリーが弱った原因の一つとして、チャージコントローラがヘボイってのもあったので、これを機にMPPT方式のチャージコントローラーへ交換しました。こちらもヤッホー!
ということでオフグリッドへまた一歩近づいた様です。

このコントローラーは20Aまで対応なので、まだあと100Wほど太陽光パネル追加できるね〜
って事は今後使用してみて容量不足を感じたら太陽光パネルとかバッテリーを増強追加して快適ライフを満喫可能かも!

by shinji-takahashi | 2017-03-27 10:00 | ツビオバーチ

強風により

c0039145_12503865.jpg
えーっと。先日の強風により破壊された屋根の修理をしています。
もうポリカの屋根はボロボロです。耐久性、耐候性の強いガルバリウムに貼り替えます。


by shinji-takahashi | 2017-03-02 10:30 | ツビオバーチ

露天風呂照明作成

c0039145_09495711.jpg露天風呂グレードアップ作戦その1。
工事現場みたいだった露天風呂の照明を作成。
パスタソースの空瓶を再利用して、マリンランプ風に。
E17の口金を使ってAC100VだけどLED照明色でそんなに明るくない感じでシックに。

試しに作ってみたけど個人的にはかなり良い感じだと思うんですが。
如何でしょうか?
おまけで湯船浸かりながら点灯、消灯できるスイッチを防水仕様で手元に設置してみました。
今後使い勝手を検証〜
都合2個つけてみました。

今後これをバッテリー駆動のDC12V仕様へと変更してみて、他の照明もDC12VのLED仕様に変えてみて、灯りからオフグリッド化してみるんす。
まぁ、コレが好評ならね。
全景、こんな感じどうスカね?
c0039145_09495088.jpg

by shinji-takahashi | 2017-02-22 10:00 | ツビオバーチ

露天風呂完成

c0039145_09353802.jpg
ツビオバーチでの露天風呂(Ver1)完成しました。悲願○年(随分経つなー)
c0039145_09354955.jpg新露天風呂はボイラー式で且つマキで沸かすタイプです。
ステンレスのドラム缶ボイラーの下でマキを使って直火でガンガン沸かして、ボイラー内の水をチンチンにして、それを給湯するという仕組み。
もちLPG給湯も別途あるのでシャワーはガス給湯器の60度のお湯が出ます。水で薄めて使ってね。
左側がマキで沸かすボイラー給湯システム。右側がシャワー付きLPG給湯システム。
ハイブリッドですわ。
なんにせよ、マキで沸かして露天風呂に入るの夢だった〜やりぃ!

by shinji-takahashi | 2017-02-20 14:30 | ツビオバーチ

雪降った

c0039145_17463504.jpg
まだ11月なのに雪降った。
朝、ツビオバーチを出るときはまだ冷たい雨だった。そして都内行くとみぞれになりやがて雨になり全く雪の気配は都内には残ってなかった。
c0039145_17464141.jpgさらには木更津へ戻り、市街地にあるスタバにて「雪が残らなくてよかったですね〜」なんて会話をレジのオネェちゃんとしていたのに・・
山超えて久留里地方へ近づき、ツビオバーチへ戻るとなんと!
雪景色じゃありませんか!
まるで雪国の様に雪が残っている。もう降雪はしてなかったが、雪はしっかり残ってる。
やはり寒い。寒い。
ハウスの中の気温が1度と温度計が指してる。そりゃ寒いわけだ。
というわけで今年もすでに雪国なツビオでした。
こりゃこの冬はスタッドレスいるかな。

by shinji-takahashi | 2016-11-24 16:30 | ツビオバーチ

今冬のモグラタタキ

c0039145_19065820.jpg

今年は暖冬だと聞いていた。が、またしても凍結による上水道管破裂ですよ奥さん。
サイトスリーのトイレの補水からピュー。
これは塩ビ管のノリ不足による外れだったので接着剤付けて押し付けて修復完了。
c0039145_19065974.jpg

重篤な方はサイトスリー下に配管のメタル蛇腹に亀裂が入り写真の様にピュー。噴水。
c0039145_19065945.jpg
丁度、蛇腹の継ぎ足し部分だったおかげで部材は10cm交換で済んだ。
が、サイトスリーの下にあるが故、作業がし辛い。ダンボール引いてその上に滑り込んで作業。
c0039145_19065914.jpg

無事に修復完了。今度の冬までには防寒を完璧にしておかねば。
c0039145_19070019.jpg

修復していたら工藤家の白犬達が突然訪問。
ノエルとルーチェはジャニスの残り香をクンクンしていたねー
やっぱりワンコはイイねぇ。
by shinji-takahashi | 2016-03-18 13:30 | ツビオバーチ

いつの間にか・・

c0039145_15433099.jpg
ジャニスが立ち上がれなくなってからの2年前からめっきりツビオバーチへの足が遠のいています。
c0039145_15505315.jpgバン十郎の横に普通の桑の木が育ってました。
いつの間にか。
こんな木はなかったと思うんですがねー恐るべし自然の力。
今となっては、ツビオバーチは雑草伸び放題、廃墟感満載の野生の王国と化しています。
今年こそは綺麗に整理して、片付けて、整地して、設備直して、整えて快適に生活でき、使用できるようにしたいですな。
移住も視野に入れて。
c0039145_155622100.jpg
桑の実って食べれるんだよね?ジャムとかに出来るんだよね?
by shinji-takahashi | 2015-06-03 15:30 | ツビオバーチ

春かねぇ

c0039145_14474258.jpg

ツビオの前の田圃にも水が張られる時期がきました。
by shinji-takahashi | 2014-04-20 12:00 | ツビオバーチ

ゴールデンツビオ2013

c0039145_8582615.jpg
今年も高齢の・・もとい恒例のゴールデンウィーク合宿です。
c0039145_8595692.jpgまずは草刈りをして強風に晒されたツビオ全体のメンテナンス。
そして同じく高齢になりサイトスリーに飛び乗ることが出来なくなったジャニス向けの蹴上がり階段を作成。
適当に余った端材と短管で作ったので一段一段の高さがマチマチでむしろ上がり辛いか?
c0039145_95533.jpg
ということで一番下段はブロックで対応。
c0039145_961035.jpg

by shinji-takahashi | 2013-04-27 16:00 | ツビオバーチ

竹炭焼いてみた

c0039145_21122598.jpg
焼いてみた。
c0039145_21182449.jpg適当な長さに切った竹を割ってペール缶に詰める。
出来るだけキツキツに詰めるのが良いらしい。
・・と書いてあった。
軽く叩いて詰め込んでみた。
c0039145_2130654.jpg蓄熱させるために地中に埋める。
一度上げた温度を出来るだけ下げないようにするためにね。
で、火付け。
まずは蓋をせずに小枝等に火をつけて燃やし、竹にも火をつける。
勢いよく燃え出したら、適宜燃料を継ぎ足して蓋を付ける。
c0039145_21543623.jpg蓋をつけてサーキュレーターで強制的に風を送り込む。
蓋をつけるときやけどに注意!(火傷しました)
ココでどこまで高温に出来るかがポイントです(ということです)
c0039145_228239.jpg徐々に空気穴を狭めていきます。
その時の煙がこんな感じ。
白くて雲のような煙が出ているときは、まだ竹に含まれている水分が出ているということです。
c0039145_22404277.jpg煙がだんだん透き通ってくるので、それに連れて空気穴も小さくしていく。
煙が透き通ってきたら空気穴を塞いで小一時間。
煙の色が蒼白くなってくる(らしい)といいらしい。
やがて煙も出なくなってくるので、次に煙突を抜いて冷却。
c0039145_22514666.jpg
煙突を抜いたら3〜4時間で冷却。
c0039145_2334517.jpg竹炭を作るには温度と酸素量が決め手です。
酸素量が増えれば良く燃えて温度は上がりますが、酸素量が多過ぎると竹が燃えて灰になってしまうので出来るだけ酸素量を少なく、温度を上げて燃やし炭化させる、ってのが難しい。ココがキモっぽい。
c0039145_2329914.jpg
という訳で今回は結構うまくできた!
by shinji-takahashi | 2012-07-29 15:00 | ツビオバーチ