高橋新志の雑記帳です。くだらない事から機密事項までホゲホゲと書いてあります。


by shinji-takahashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

GOOD-BYE

c0039145_1423173.jpg
と言う訳で汐留ともオサラバです。ふう〜
c0039145_1424202.jpg長年勤めた仕事を退職します。
思い起こせば、インターネットの黎明期にADSLから光への変遷を遂げたアクセスの始まりから、安定(終愕?)までをやって来た気がします。
入社当初はまだまだモデムでダイアルアップしてPtoPで繋げている世帯の方が多かった時代ですが、ヤフーBB(ADSL)が登場してからNTTのみで高額だったインターネットアクセス業は独占市場では無くなりました。
本来の値段へ移行出来ました。
そして総務省主幹の光(ダークファイバ)の開放と、これもNTTの独占市場が崩れました。
そしてそして!ヴォーダフォンのソフトバンクによる買収により、とうとう携帯電話の世界へも通信価格革命が・・
ソフトバンクモバイルの登場前は、携帯電話1台に対する通話料月額(総支払額?)はワシの場合は2万円近くでした(AU)
が、ソフトバンクモバイルが携帯市場に参入してホワイトプランなる定額制を採用した事により、一気にソフトバンクモバイルから価格が崩れ、あれよあれよと言う間に通信全社が足並み揃えたかの如く低価格へ・・
c0039145_1437076.jpg毎日がいちいち刺激的でした。
その渦の中で常に新しい分野で挑戦出来た事は非常に時分の殻を大きく出来たと思います。
しかしながら官に近い会社ではどうしてこうもユーザーである一般市民を騙し続けて無駄に多大な利益を追求するのかな?と思っていました。
アホなエンドユーザーを騙してお金を巻き上げる方が、真面目に純粋なwinwin的な利益を獲得するより遥かにイージーです。
お陰で、某社もだんだんとそういう風に変わって行きました。c0039145_14421632.jpg携帯事業は総務省の免許制で国に守られている事業です。
容易く競争相手が参入して来れません。シェアが保証されている様な物です。
つまり公務員と変わらない部分も多々あると言うことです。
この世の中で一番嫌いな人種が公務員です。
定年後の身の保証の為に安易な道を選ぶ人種です。
利権のみ追求して本質はおざなりな人種です。
個人的には考え方の相違に限界でした。
と言うことで、さよなら汐留!
by shinji-takahashi | 2010-09-30 17:45 | 仕事