高橋新志の雑記帳です。くだらない事から機密事項までホゲホゲと書いてあります。


by shinji-takahashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

GOOD-BYE

c0039145_1423173.jpg
と言う訳で汐留ともオサラバです。ふう〜
c0039145_1424202.jpg長年勤めた仕事を退職します。
思い起こせば、インターネットの黎明期にADSLから光への変遷を遂げたアクセスの始まりから、安定(終愕?)までをやって来た気がします。
入社当初はまだまだモデムでダイアルアップしてPtoPで繋げている世帯の方が多かった時代ですが、ヤフーBB(ADSL)が登場してからNTTのみで高額だったインターネットアクセス業は独占市場では無くなりました。
本来の値段へ移行出来ました。
そして総務省主幹の光(ダークファイバ)の開放と、これもNTTの独占市場が崩れました。
そしてそして!ヴォーダフォンのソフトバンクによる買収により、とうとう携帯電話の世界へも通信価格革命が・・
ソフトバンクモバイルの登場前は、携帯電話1台に対する通話料月額(総支払額?)はワシの場合は2万円近くでした(AU)
が、ソフトバンクモバイルが携帯市場に参入してホワイトプランなる定額制を採用した事により、一気にソフトバンクモバイルから価格が崩れ、あれよあれよと言う間に通信全社が足並み揃えたかの如く低価格へ・・
c0039145_1437076.jpg毎日がいちいち刺激的でした。
その渦の中で常に新しい分野で挑戦出来た事は非常に時分の殻を大きく出来たと思います。
しかしながら官に近い会社ではどうしてこうもユーザーである一般市民を騙し続けて無駄に多大な利益を追求するのかな?と思っていました。
アホなエンドユーザーを騙してお金を巻き上げる方が、真面目に純粋なwinwin的な利益を獲得するより遥かにイージーです。
お陰で、某社もだんだんとそういう風に変わって行きました。c0039145_14421632.jpg携帯事業は総務省の免許制で国に守られている事業です。
容易く競争相手が参入して来れません。シェアが保証されている様な物です。
つまり公務員と変わらない部分も多々あると言うことです。
この世の中で一番嫌いな人種が公務員です。
定年後の身の保証の為に安易な道を選ぶ人種です。
利権のみ追求して本質はおざなりな人種です。
個人的には考え方の相違に限界でした。
と言うことで、さよなら汐留!
by shinji-takahashi | 2010-09-30 17:45 | 仕事

クルーズウェディング

c0039145_1337264.jpg
オープンカー仲間のY君のウェディングのお祝いに行って来た。
c0039145_13385886.jpgウェディングクルーズと言うことで、戦場・・いや船上結婚式でした!
乗る船はこの「シンフォニーモデルナ号」竹芝桟橋から出航です。
久しぶりに乗る大きな船(笑)
結婚式では怪しいインチキ神父は存在せず、船長が媒酌人として結婚式を執り行います。
コレはコレでカッコ良い♪
なんと言っても航海しながら(おおげさ?)潮風を感じながら空の下で行う結婚式は格別ですね!超気持ち良かった!
やっぱり船が好きだ!関係ないですが。
竹芝桟橋を出て、ほんの1時間弱のクルージングですが東京湾内のクルーズなので途中レインボーブリッジをくぐったり、お台場を海側から見たり、とバラエティには富んでます。
更にサプライズとして、やはりオープンカー仲間のCAVOK号が応援(?)に駆けつけてくれました!
c0039145_13494440.jpg
夢の島マリーナを出て美味い具合に時間合わせてシンフォニーモデルナ号と並走です!スタボー!
c0039145_1351686.jpg
そして夜の二次会へ!yotan結婚おめでとう!
by shinji-takahashi | 2010-09-26 22:30 | よもやま

居候?

c0039145_1213562.jpg
今年の夏は暑かった。去年もそこそこ暑かったが。
c0039145_1231729.jpgツビオバーチの目の前は田圃が広がってます。
ソコへ自生しているカエルちゃんが良く遊びに来ます。
初夏のツビオバーチは夕暮れになると兎に角カエルちゃん達の合唱がスギョい。いや凄い。
うるさいくらいです。
多分、田圃では強力な農薬を使って無いと思われます。自分達で食べる分を稲作してるのかな?
お陰でオタマジャクシが良く育つ様です。
c0039145_1274061.jpg毎年カエルちゃんが大発生してる様でツビオバーチで夏を過ごす様になってからカエルの合唱が子守唄です。
でもそのお陰かどうかは分かりませんが、蚊がたまプラーザの家より少ない気がする。
カエルって蚊を食べるよね?
しかしこの緑の小さなカエル(多分アマガエル?)は既に人間慣れしてて・・ツビオバーチのカエルだけかな?人間が居てもずっと落ち着いてます。
子供達に大人気です。
c0039145_1211394.jpg
こいつは少しでかいけど擬態したアマガエル?
by shinji-takahashi | 2010-09-23 16:00 | ツビオバーチ

信州青木湖で農的生活

c0039145_1615642.jpg
最高なプロジェクトでした〜♪また行きたい&やりたい!
c0039145_1616356.jpg長野県にある青木湖のほとりで民宿「山湖荘」を営んでいた北野の奥様ともちゃんの実家ですが、去年お母様が亡くなられてからは民宿も閉じられており、お父様が愛犬のんちゃんとヒッソリと暮らしている。
ソコへ名目上稲刈りの手伝いと言うことで集結した騒がしい人間達で今週は賑やかです。
参加者はともちゃんのお父様、北野夫妻(主催者)、池田夫妻(だ埼玉在住)、サム&あや一家(ロンドン在住!)そしてワシとジャニス。まさにインターナショナル!
c0039145_16245450.jpgココ青木湖は長野県の信州地方にある湖で、仁科三湖のウチ最も奇麗な湖です。
かなり幻想的です。
それもそのはず、透明度は日本の湖では2番目だそうです。奇麗な訳だ。
さらにエンジン付きの乗り物の乗り入れを禁止してるそうです!だから騒音も聞こえないし波一つ立ってなくて静まり返ってます。日本じゃないみたいです。
こんな素敵なロケーションのところがあるんですね♪
朝の散歩も湖のほとりを歩くだけで十分に気持ち良くジャニスも満足げでした(本当か?)
うーん、もっと満足したい〜?ジャニス的には何か物足りない散歩だった様で・・
あ、やはり、、やはり、、
泳ぎました〜まあ、しょうがネエな〜♪
c0039145_16314576.jpg

ボクも泳ぎたい〜とサム&あや夫妻の子供でハーフ(当たり前か)のルーク。
c0039145_16335420.jpg

c0039145_16352395.jpg山湖荘はそれはそれは立派な民宿でまだまだ現役としてガンガン活躍しそうな佇まいです。
しかしながら労働力が不足してて営業する事が困難です。実にもったいない。
ワシが運営したいくらい。
そして、看板娘の「のんちゃん」です。
看板娘と言うにしてはジャニスと同じくらいのお婆様犬です(笑)
ペースもジャニスと一緒な感じで、お互い空気の様に漂っている良い存在感でした。お友達に決定です。
山湖荘、お風呂も大きくて奇麗です。
何かに活用したいですね〜
部屋数も結構有り、冬はウィンタースポーツの基地としてかなり活躍出来る気がします。
冬だけでも営業すればかなりイケそうです。
あ、ちなみに今回は2階の和室のレイクビューの部屋へ泊まらせて頂きました。ペット同伴可でした(但し大人しい犬に限るw)
c0039145_16452784.jpg
さて本題の農的作業ですがまずは稲刈りから。
c0039145_16482771.jpg青木湖のほとりに有る田圃で稲刈りをします。
本当に湖のほとりなんで働いて(稲刈り)いても最高に気持が良いです。
今日は今年の異常気象(猛暑)の名残でかなり暑かったんですが、青木湖を渡る風は涼しくて気持ち良かったです♪
稲刈り自体はエンジン付きヤンマー稲刈機で行います。これも寒川地方と一緒(笑)
が、ハゼ掛けがやはり重労働です。先日降った雨の影響で今日もまだ田圃ヌカルんでいるので足を取られ易く、歩くのが重労働でした。
c0039145_165652100.jpg
ハゼは常設なので作る手間は省けた。
c0039145_1659872.jpg
田圃地面がヌカルんでいるのでキャタピラ付きの何か(?)で刈った稲を運ぶ。
c0039145_171138.jpg
今回稲刈初体験の池田君。全くのド素人。
c0039145_172526.jpg稲刈が一段落した所でお楽しみのランチタイム♪
日本で二番目に奇麗な青木湖のほとりで食べるオニギリはかなーり贅沢です。
労働の後の握り飯ってなんでこんなに美味いんでしょうかねえ〜?幸せなひとときです!
ココの所、毎年どこかで稲作に関わる事が出来てお米の大切さ、と言うより愛しさ?を実感してます。
ご飯粒は絶対に残しませんから!
しかし例年はこの稲刈の作業を夫婦二人でやっていたお父さん、尊敬します。
c0039145_177217.jpg
そして午後からは芋掘りです。
c0039145_1774940.jpg田圃からお芋畑へ軽トラで移動中にもファンキーなサム一家。
ロンドンには軽トラは走ってないので、狭い荷台に乗る事も貴重な経験でしょう(笑)
青木湖は冬にはかなり雪深くなり、山湖荘の入り口アプローチはかなりの急坂なので、やはり軽トラはスバルサンバーの4WDでした。
豪雪地帯にサンバーは似合うね〜軽トラをカッコ良いと思える瞬間です(笑)
c0039145_17124233.jpgそして芋掘り会場へ到着。
ジャニスはまずはお約束の探検です。
お婆様が徘徊してます。
3つ程の畝をひたすら桑で掘り返しますが、想像出来ない程の多量のジャガイモが出て来ます。
正に芋づる式!
これにはロンドン在住のIT戦士のサム一家もビックリでしたね。
いつも農作業を行うと思う事だが、日本には本当に食料問題は存在するのだろうか?と考えてしまう。
c0039145_17195381.jpg

ちゃんと農的生活を行えば、食料(特に野菜)のコストはかなり押さえられるんではないかと。
c0039145_17202792.jpgこの「ちゃんと」ってところが重要かと。
偉い(偉そうな)コンサルちっくな似非経済人達が農業で働く場合のコストを人件費見合いで計算しているウチは農業で従事して生計を立てる事なんて考える人は少ないと思うが、農的生活(農業でない所がミソ)をして自前の作物でエンゲル係数を下げる事は可能ではないかと思うし、意味のない無駄なバブルチックな贅沢は減るのでは?と思う。
皆基本に返って見ようよ。生きる事はナニさ?
by shinji-takahashi | 2010-09-19 20:00 | アウトドア

モクモクとスモーキー

c0039145_21383166.jpg
傷心な山陰紀行から復活して2週間振りのツビオバーチに来ました。
c0039145_21425338.jpgいやあ〜2週間近く放置してるとコノ季節、雑草が凄いね〜たまらんわ。
でも暑くてやる気が起きません。はい。
って事で、今回は写真展も終わりやっと一息ついて遅めの夏休み気分満載のカメラマン軍団達がツビオバーチに押し寄せて来た♪
Wなべちゃんはスモークセット持って来てモクモクやってくれるらしい!
最近は新しい調理器具のコケラオトシをツビオバーチでやるのが流行と言うことです。
って事でまずは食材準備。今日は鶏のササミとなんと鴨肉(!)のスモークです♪蚊帳で軽く乾燥させます。
c0039145_21492072.jpg肉達を乾燥させている間にスモーク用のチップの用意します。
今日は「桜」のチップに「ザラメ(砂糖)」と「紅茶」をブレンドします。オリジナルブレンドです。え?本で読んだって?
こいつ等が下から火で炙られいい感じの煙を出してくれます。きっと良い匂いなんだろうなあ〜
人生初スモークなので今から楽しみです♪♪
スモークしてる所、写真撮り忘れました。。いきなり出来上がりです。
c0039145_21543351.jpg
いい感じの色です。いわゆるアメイロって奴。
c0039145_21551959.jpgこんな感じで食います。
ってか食い終わりそうな時に「あ!写真!」となり慌てて撮りました。ははは。
スモークしてる最中は温度管理とかも結構シビアでなべちゃん付きっきりでした。
今回使ったコンロが家庭用のカセットガスコンロだったので風が吹くと消えちゃうんだが、超弱火でモクモクやるのが良いらしく苦戦してました。
我が家のツーバーナーが使えれば良いのだが、使いすぎて(メンテやらな過ぎて)壊れちゃいました〜
c0039145_2159929.jpg
そして真打ちの鴨!見るからに美味そうでしょ!いやあ〜美味かった!最高です!なべちゃんバンザイ!
人間達も暑いので紫外線調理しながら冷水でシャキッと締める。
c0039145_2214796.jpg

by shinji-takahashi | 2010-09-12 20:30 | ツビオバーチ

山陰の風景

c0039145_13142619.jpg
山陰地方の観光地は兎に角、人が少ない。ゲゲゲの水木ロードは別にして。
c0039145_13155511.jpg雨の平日と言うことも影響しているが、それにしても人に遭遇しないのである。
ココは安来の広瀬に有る清水寺(きよみずでら)。そう、京都のソレと同じ名前である。
小雨が降っている事も相成り、上の三重塔(!)に霞が掛かり幻想的だな。
この三重塔も塔入り口の木箱に小銭入れて勝手に昇るシステムだったが、今日は開いてなかった。
どうやら最近は平日は拝観出来ない様だ、土日祝日の営業となっている様です。これも時代の流れか・・人出不足の為だろう。
c0039145_13242758.jpg安来に帰省すると必ずこの清水寺には寄る。参道の入り口に有る「西村堂」の清水羊羹が目当てなんだが。
世界中の羊羹の中でこの清水羊羹が一番好きな為、必ず買って帰る。自分への土産にも。
清水寺は水が奇麗らしく、その奇麗な水で作った清水羊羹は美味しくなって当然との事。
今日も「西村堂」のお婆ちゃんとお茶飲みながら話し込んでしまった。
安来の街の中も都心ではあり得ない街並が普通に残っている。
焼杉の塀も近所にあればちょくちょくジャニス連れて写真撮りに行くのに!ってくらい感じの良い塀だ(笑)
この塀も婆様の家から徒歩30秒くらいのお散歩コース上に存在する。
ジャニス的にはどうでも良いだろうが、ワシ的にはゾクゾクもんである♪
c0039145_1335450.jpg
お散歩コース上の神社「しもやまさん」お稲荷さんかな?
c0039145_13365295.jpgこの神社もワシが子供の頃はただ単に子供の遊び場だった。それが神社だから、とか言う感覚はなかった。
もう時効なのでカミングアウトするが子供の時分にお稲荷さんに供えてある狐の陶器の置き物、小さな狐の人形みたいな物を拝借した事も有った。
バチ当たりな事だな。
その罰が今当たっているのか?何をやっても上手く行かないのはお稲荷さんのバチ?
9月とは言え今年はまだまだ暑く日中はほとんどエアコンの効いた家の中で寝てるばかりのジャニスです。当初懸念してた安来スリーワンズ(先住犬)との相性も問題なかった様でひとつの枕(座布団ですが・・)で背中向けあって寝る始末。
c0039145_13432243.jpg
順調に安来には馴染んできましたジャニス。
c0039145_13435853.jpg

by shinji-takahashi | 2010-09-08 18:00 | 旅行

ゲゲゲの効果

c0039145_12331741.jpg
東京でもNHKドラマのお陰で一躍有名になったゲゲゲの女房の旦那(水木しげる)の故郷の境港市が熱い。
c0039145_12345094.jpg鳥取県境港市は島根県安来市の婆様の家からも車で30分位で付く距離に有る小さな街だが、以前よりJR境港駅の駅前通りは「水木しげるロード」として地元では有名だった。
今年NHKの朝の連続テレビ小説で「ゲゲゲの女房」が放映されてからというもの全国区で有名になっている。
ほんの1〜2kmの商店街なんだが水木しげるワールドのブロンズ像が至る所設置してあり〜の、お土産物屋が一杯増えて〜の、普通の商店の看板がゲゲゲの鬼太郎ちっく〜の、と盛りだくさんアミューズメントパーク並みである。
c0039145_1241147.jpg上の写真は境港の波止場(水木しげるロードからは少し外れる)に有る元倉庫(蔵?)だと思うんだが、奇麗にペイントされチャッカリと入場料を取る立派な施設へと変貌したと思われる。横浜で言えば赤レンガ倉庫近辺のサイケな落書き?通り。
水木しげるロードは田舎の僻地の活性化の大きなヒントが隠されているのではないかと思う。
休憩する為(?)の公園にもブロンズ像のオブジェ達が・・・ちょっとやり過ぎ感も否めないが・・
c0039145_12464472.jpg
ゲゲゲの女房の故郷はあくまでも島根県安来市である。ココ鳥取県境港市はゲゲゲの女房の旦那(ややこしい)の故郷である。c0039145_1249932.jpgそう、脇役の故郷なんですよ!
主役の故郷の島根県安来市は何やってんでしょうかね?(笑)
まあ、何にせよ9月の平日と言うのに結構人がいましたよ。
原宿とまでは行きませんが、オフシーズンの軽井沢くらいの人出はありましたね。
山陰地方の施設で夏休みも終わったばかりの平日でこの混雑は今までにないのではないでしょうかね?境港市としては大成功でしょうね。
c0039145_12524843.jpg恐るべし「ゲゲゲの女房」の効果!テレビの、特にNHKの連続ドラマの力は凄いですね!
しかしながら、女性の、、特にアラサーの軍団の観光客が目立ちましたね。
これもゲゲゲの効果だと思います。
境港市に行けば「向井理」の様なイケメンと出会えると思っていらっしゃる様です。
イケメンはドラマだからです。あんな芯の強いイケメンそうそう居ませんよ。
良く水木しげる先生の実物(外見)も見てやって下さい(笑)
c0039145_12594685.jpg
c0039145_1315716.jpg何度も言う様ですが、ゲゲゲの女房の故郷はワシの生まれ故郷の島根県安来市です。
境港市は安来市とは距離は近いですが脇役である水木しげるの故郷です。
ちなみに、安来市では特に大々的にイベントとかやっていない様でした。駅舎にゲゲゲの女房のポスターは貼ってありましたが。
今回盛り上がってるのは境港市と現在水木プロダクションがあり水木しげる先生が在住の東京都調布市だそうです(笑)
深大寺にソバでも食いに行って来るかな。
by shinji-takahashi | 2010-09-07 17:00 | よもやま

安来へ・・

c0039145_2373212.jpg覚悟はしていたが、やはり突然だった。
大好きなばあ様が亡くなった。
ここ3年くらいの間、入院していたので何時か分からないが覚悟はしていたが、不調になり母親が帰る度に良くなったりしてダッチロールを繰り返していたので「まだ大丈夫かな?」とほのかな期待を持っていた。。
しかし、今回は本当に亡くなってしまった。
先週辺りに9月になったら帰省して顔出すよ!と叔母に話していた矢先だった。
不義理な自分に腹が立つ。結局、ばあ様が調子悪くなってからは「仕事が忙しい」と何かと理由を付けて安来へ帰る事を実現しなかった。不義理だ。
c0039145_23183939.jpgワシは追いつめられてやっと行動するタイプだ。最悪のタイプだ。
これは何としてでもお通夜には間に合わせなくては。
慌てて朝一で用意をして安来へ向かった。
当然ジャニスを連れて、母親(長女)は既に昨日飛行機で安来入りしてるのでワシとジャニスの二人旅だ。いつもの事だ。
外気温度は平気で38度を超える。日本海側に近づくにつれフェーン現象で更に気温は上がる。
かろうじて中国山脈を抜ける時は標高もそこそこあるので気温は下がるが、車外に出るとやはり暑い。湿気も多くて不快だ。
c0039145_23234067.jpg
どうにか無事にお通夜には間に合った。こういう時にしか会えない従兄弟達とも会えたので、その事は良かった。
ジャニスはココでも子供達に人気者だった(親ばか?)c0039145_23245048.jpgばあ様も孫達が集まって偲んでいるのは喜んでいるに違いない。
亡くなる時も眠る様に老衰で亡くなったと聞いて安心した。

ワシはこの安来で生まれて3歳半まで安来で過ごしたらしい。赤ん坊の時の記憶は全くないが、ものごごろ付いてからも夏休み等長期の休みは安来へ帰省(この場合帰省というのか?はどうでも良い事だが)して過ごす事が多かった。両親が帰省出来ない時も兄弟で寝台特急乗って帰ったりしてた。
要は通常の家庭よりもばあ様にお世話になっているはずなのだ(当社比)
やはり生前入院している時に会えなかったという不義理が悔しい。
c0039145_2332493.jpgこの写真はばあ様が眠る事になる安来の雲樹寺です。
こんな立派なお寺です。じい様もココにいます。
じい様はワシが中学高の時に肝臓の病気で亡くなりました。台風の来てる日でした。
飛行機が翌日まで飛べなくて、朝一の飛行機で帰った時には既に亡くなっていました。
この時も悲しくて枯れるまで泣きました。

じい様、ばあ様が暮らした安来にジャニスと来たので2〜3日ユックリして横浜へ帰る事にします。
by shinji-takahashi | 2010-09-04 18:00 | 旅行

「すみれ」のカップ麺

c0039145_16552428.jpg
こんなカップ麺が売ってるんだ〜♪北海道の名店「すみれ」のラーメン。
c0039145_16564460.jpgちなみに北海道(札幌)の「すみれ」には行った事ありません。当然、北海道では食った事ありません。
が、新横浜のラーメン博物館に「すみれ」が出店してた時に食いましたよ!みそラーメン!
美味かった〜。あの味なのかな?
モノは試しで買って来た、で、食ってみた!
カップ麺にしては美味い!あの時の「すみれ」の味が思い出せないが、コレはコレで良いです。
c0039145_170523.jpg以外に濃厚で、ついラーメンライス行ってシマイマシタ。ま、家ですが。
他にも「一風堂」「六角家」とラインアップありました。
とりあえず、近いうちに制覇しておきます。
255円(だっけな?)とカップ麺にしては高額(ワシは基本108円のカップヌードルばかり)ですが、外で食ったコストパフォーマンスを比べると良しとしよう。
あ、セブンイレブンでしか売ってない様です。以外におススメです♪
by shinji-takahashi | 2010-09-01 20:30