高橋新志の雑記帳です。くだらない事から機密事項までホゲホゲと書いてあります。


by shinji-takahashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ターニングポイント

c0039145_21112550.jpg
最近身近では色々変革起こってきています。ってか起こそうとしています。
気分的にもそろそろ人生マンネリ化してきたので変革を求めて。c0039145_21115972.jpg「新しい公共」と言う漠然とした取り組みにも参画させてもらっています。とはいえ大そうな事ではないけど、小さな事象の積み重ねが大きなムーブメントを起こすかも?という位の気持ちで参画させてもらってます。名前は内閣府の方が命名した「PURC(パーク)」という団体・・いや集まりです。特にしがらみもありません。鳩山元総理大臣がきっかけを作ったかもしれませんが、今は既に民間が動かしてますので特別な政党色もありません。あしからず。
と言うことでPURCでも自分がやろうとしていることとの関連を無理やりこじつけて発展させられればと思います。
例えば人と物のニーズとギブ・・まあ需要と供給ですな、を上手く繋げてウィンウィン(大げさかな?)の関係が築ければ、と思ってます。
具体的には、山の間伐を手伝うので、間伐材を冬場の燃料の薪として提供してください。見たいな。c0039145_2113110.jpgそして山の間伐を一つのコンテンツとしてやってみたい人を集めて行う。はたして上手く機能するのかどうかはやってみなくてはならないけど、是非実行してみたいですね。
そういうことがPURCで出来れば、色々とアイデアはあります。農的生活の活力剤にもなりうるかも!と思ってます。
そして生きる糧としての仕事もターニングポイントです。というかここ2~3年ずっとそうですがね。そういう意味ではターニングレンジって感じですかね。幅広いです。
ま、この辺の話も乞うご期待ということで。
by shinji-takahashi | 2010-06-24 22:00 | 仕事

足回り修理(ミニ)

c0039145_23331785.jpg
ミニの足回りから「キュッキュ」と不快な音がしてたので、お世話になっているガレージモーリスへ行って来た。
c0039145_23353069.jpg金属同士が油切れして擦れ合う様な感じの音だったので、グリス切れで音が出てるのかな~?と思い、グリスアップだけお願いする予定でした。
が、なんと良く調べてもらうとラバーコーンをスプリングに変えたときに使う「ナックルジョイント」のプラスティック部分が抜け落ちて金属がむき出しに!
この金属が受け側の金属皿部分に当り音が出ていた模様です。
c0039145_2340472.jpgこのまま使い続けると受け側に金属部分も壊れてしまうと言う事で交換です。
ついでにスプリングも硬めの奴へ交換してもらいます。
ショックも抜けていたので、適当な中古を使ってもらい安く完了!
その他、空けてみてフロントストラットの付け根がボディが金属疲労で亀裂入りかけていた、というのでソコモ溶接。
そしてジャニスも入店許可。
c0039145_23442866.jpgしかしあんな重さのかかる部品にプラスティック使うか~?さすがミニ。21世紀間近の商品でも20世紀前半の作りこみ!
グリスアップだけのはずが・・
まあ、これでしばらくは乗ることできるかな?
車高もちょっと上がったかな?
しかし、ワシの車は常に何かトラブルを抱えているな~落ち着ける日々は来るのか?
by shinji-takahashi | 2010-06-20 18:00 |

はじめての単管工作!

c0039145_017579.jpg
そもそもは強風で倒れた竹垣の補修・・というか新設をどうするか?と考えていた所から「単管」というアイテムが思い浮かびました。
c0039145_0175844.jpg単管とはただのパイプです。直径48.6mmの鉄のパイプで工事現場の足場で使われたり、建てているものの補強で使われたり、簡易看板の脚として使われたりと用途は無限です(大げさ)
径が決まっているのでクランプと言うもので繋ぎ合わせるんですがコレがまた良くできていてシッカリと固定できます。おかげでかなりの高さまで足場として機能できるようです。
単管を使った工作物は垣根、塀、小屋、倉庫・・と色々WEBで調べると出てきます。こりゃ~面白い!何でも作れるかも!
と単純に思いました。単純ですかね?この単純さがいつも小さな失敗を招いているんですがね。もっとよく考えろ!と良く言われます(笑)
c0039145_0193616.jpgでも重いコンダラ・・いや思い込んだら止まりません。はい。
って事でまずは単管を適当に買ってきて梅雨に向けての簡易屋根作ります。
近所のコメリで色々売ってます。長さも色々あります。あとはクランプを使って固定方法を考えます。
子供の頃遊んだレゴブロックで色々な物を作り上げてるときの気分が、単管パイプ工作で味わえます。おもしれー!
まずは簡易テラス屋根の骨組みの部分を作ってそれに垂木を抱かせて塩ビ波板で屋根つけます。今日のところは骨組みまで。
c0039145_0205795.jpgまた脚をアンカリングしないと屋根付けた途端に風で飛ばされますからね(笑)
そして本来の目的の北側県道の竹垣の基礎、骨組み部分の作成案を考えます。
重いコンクリ基礎も売っていたのでそれを穴掘って埋めて、それに単管を差し込んで基礎とするか。補強でセメント流し込んだ方が良いかな~?
さて梅雨前に屋根と竹垣の基礎は作りたいな~って来週くらいから入梅か!
by shinji-takahashi | 2010-06-12 20:00 | ツビオバーチ

首都高メンテデモ

c0039145_21342958.jpg
首都高速道路株式会社の社外モニターに参加している。
c0039145_21352946.jpg今回、首都高速道路湾岸線のメンテナンスのデモンストレーションをやるから、見に来やがれと言う事で見に行ってやった。
虎ノ門の首都高速道路株式会社の本社からバスで京浜島の高架下へ。
そこで京浜運河の上に設置してある足場へ昇ります。コエ〜♪   なんてね。
興味津々、スゲー楽しそう!
c0039145_21422978.jpg足場の中は高さこそ低いが以外に下が見えなくてしっかり作られてて恐くない。
ちょっと拍子抜け、詰まらん。
この張り巡らされた足場を作るだけでも相当大変だよね、時間も掛かるだろうし。
しかし、この後の実際の作業で地道で細かさ驚愕させられるのだった!
c0039145_21494752.jpg高架の補強リブの熔接部分には当然経年劣化でクラックが入ります。
そのクラックを一つ一つ足場に昇って見つけます。
磁性体スプレーを噴射して紫外線(ブラックライト)を当てるとクラックが浮かび上がるので、目検でクラックの長さを確認し、応急処置としての「ストップホール」というクラック止めの穴をあけます。
c0039145_21524667.jpg最終的にはこのように補強して完了です。
実に地味です。民営化やら事業仕分けの影響でメンテナンスが削減されない様に切に願いますね。今日から。
ある意味、こういう地味だけど維持管理には必要な作業でお金が掛かるんだよ、とこういうデモンストレーションは必要な事かも知れません。
確かにもっと簡略化出来る事はあるかも知れないが、削減ありきで考えると間違いなく手抜きに成ると思うね、こういう現場作業はね。
c0039145_2203955.jpg事業仕分けは良い事だが、そこんところ重要なんでヨロシク民主党。
一つ目の写真の「TOKYO SMART DRIVER」の軽バンは実はトイレカーでした。
水洗トイレなのでした。
これツビオにも欲しいね。もうトイレあるからいらないか。
c0039145_2255799.jpg橋脚の構造材に空いているマンホール。
コレ通りました、小さいですカメラバッコバッコンぶつかりました。
今回のデモンストレーションの詳細はこちらで(笑)
ちゃんとしたレポートに成ってます。
首都高速道路、東京オリンピック直前に作られて40年以上経ってます、補修しながら使うのか建て替えるのか?など議論もあるのかな〜?
by shinji-takahashi | 2010-06-03 22:30 |