高橋新志の雑記帳です。くだらない事から機密事項までホゲホゲと書いてあります。


by shinji-takahashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

下がってる?

東京株続落、一時、年初来安値を更新(10月24日11時15分配信 産経新聞)c0039145_22313465.jpg 24日午前の東京株式市場は、外国為替市場の円高進行と企業の業績悪化懸念を受けて続落。一時、取引時間中の年初来安値を更新し、日経平均株価は8000円台割れをうかがう展開となっている。
【関連フォト】乱高下を続ける株価を不安そうに見つめるNYのトレーダー
 日経平均株価の午前の終値は、前日終値比413円99銭安の8046円99銭。また東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同37・92ポイント安の833・78だった。
 23日の米ニューヨーク株式市場は、ダウ工業株30種平均が3日ぶりに反発したが、ハイテク株中心のナスダック総合指数は3日続落とまちまち。東京市場は急激な円高進行と景気減速による企業業績悪化を懸念して、取引開始早々から下げ幅を広げた。
 平成21年3月期の連結業績の見通しについて、7月時点の予想から6割近く下方修正したソニーが大幅安となったほか、電気機器や自動車など、輸出関連株を中心にほぼ全面安となった。前引け直前には、一時448円安の8012円96銭まで売り込まれ、取引時間中としては平成15年5月につけた7998円以来の安値を記録した。
 市場では、「週末で様子見気分が強い中、市場の環境は依然厳しく、特に為替相場に敏感に反応している」(大手証券)とみている。
c0039145_22332584.jpgひえ〜株価が大変な事に・・
一体どこまで下がるのやら。不動産資産が少ない某社は証券ばかりが会社の資産なのでココ2〜3ヶ月で会社資産が半減です!ありえない・・
ボーナスは無いかな〜昨日の某S社の株価はホワイトプラン以下だったしな〜
これから日本で起こる事は神のみぞ知る・・なんてね。誰でも予想できるね今後の事はね。
ま、来るべきの日のために何をするか、だね。落ち込むなかれ皆の衆。乞ご期待!
by shinji-takahashi | 2008-10-25 10:30 | 仕事

オキラクハウス2日目

c0039145_2231133.jpg
さて、オキラクハウス施工滞在2日目です。
c0039145_22434399.jpg土間のテラコッタタイル貼りがほぼ終わり、あとは細かい手直しと清掃です。
その間に入り口エントランスのタイルを貼ります。
テラコッタタイルは陶器なので、焼く温度や湿度の関係で大きさがマバラになります。
そのチグハグな大きさを目地で吸収していかにも規則正しく同じ大きさのタイルが並んでいるかの如くに張り付けるのが大変です。
ま、達人は大きさ違っても真直ぐに貼る事が出来るのでしょうがね。
c0039145_22542619.jpgテラコッタのタイルは普通のタイルの様に水が乗ってしまい滑りやすくなる事も無く、見た目も汚れが付きにくく、ワンコの足にも優しいと聞きます。ジャニス的にも気持ち良い様で出来上がったタイルの上で気持ち良さそうにして寝てましたね。
エントランスにも雨でも滑りにくいテラコッタタイルを敷きます。出来上がりましたこんな感じです。どうでしょうか?
グレーの木柵とベージュのテラコッタタイルとアルミ地金のパーゴラとが何とも言えない色彩のコントラストを作り出すエントランスです。かなり格好良いですね。
コレも参考にしよう。
表札はK次郎さんオリジナル手作りの島ぞうりです。
島ぞうりに彫刻刀で掘り、名前を書きます。オサレですね〜♪
決してビーチサンダルではないそうです、そうです「島ぞうり」です。
c0039145_2364323.jpg
オキラクハウスが有る多々戸浜はサーフィンでも有名らしいですが、なんと言っても10月にしてコノ海水の色!我が家から車で3時間の場所に有るとは思えませんね〜
c0039145_2384010.jpgなんか伊豆って凄いかも。
ジャニスも気持ち良さそうに泳いでたしね。
このオキラクハウスには我がツビオバーチPJに向けてのヒントが一杯有りますね〜
今回お手伝いさせて頂いたのは非常に為になりました。
木の色の使い方や面積の黄金比等も参考にさせて頂きますです、はい。
土間にテラコッタタイルを敷くのも良いですがね〜高そうだな〜
何はともあれ今回はお世話になりました〜
c0039145_23171622.jpg
Special thanx Mr.Kjirou!
by shinji-takahashi | 2008-10-22 22:30 | D.I.Y

下田でオキラクゴクラク

c0039145_22214243.jpg
ジャニスを連れて下田の多々戸浜にあるオキラクハウスへ行って来た。
c0039145_8103760.jpgここオキラクハウスは友人の別荘ですが、その友人が約8年前にこの多々戸浜へサーフィンに来た時にいたく気に入って、法務局で謄本とって地権者に掛け合って売ってもらった物件です。
ロケーションは目の前が多々戸浜でビーチまでは歩いて15秒(笑)です。滞在中は当然ジャニスの散歩はビーチウォークです。
この多々戸浜は日本のサーフィンの発祥の浜と言われてます。コノ季節でもサーファー達が朝から波を求めてゆらゆら沖に浮いてます(笑)
c0039145_9332884.jpg今回訪問の主な目的はオキラクハウスの離れの内装工事と離れの土間のタイル貼、エントランスのタイル貼。
母屋の方ももともと前オーナーの時は物置状態で放置プレーが激しく痛みも相当だったとか。でも築4〜5十年と思われる母屋はアメリカ人の設計でかなりしっかりした作りだったようで内装をコツコツと自分達の手で何年もかけて仕上げています。
と言うことでコノ離れも基本はセルフビルドです。
c0039145_941076.jpgワシは今回目出たく人足として採用(笑)されたので馳せ参じて施工お手伝いして来ます。
担当は土間とエントランスのタイル貼りです。
テラコッタのタイルを1枚1枚、目に合わせてボンドコンクリート使って貼って行きます。最後に目地を目地剤で止めて完了です。
腰に来ます、はい。かなり来ます。
タイル貼りは1枚1枚実績がハッキリと目視できるのでかなりやった気はします。
ビフォーアフターもかなり見た目が違いますので俄然達成感有りますね。
c0039145_950838.jpg
内装チームも張り切ってペンキ塗りしてます。
c0039145_9511086.jpgオキラクハウス母屋のウッドデッキテラスです。
コノ広いウッドデッキテラスも手作りです。木材や塗料も痛んだり腐ったりしない様に色々試行錯誤して行き着いたしっかりした物です。
広い上にテラスのパーゴラ屋根に半透明の波板使ってある工夫がしてあり明るいです。
今回ジャニスの指定位置はこのテラスです。BGMは一日中多々戸浜の波音で心地よい空間です。実は今の季節がテラスは1番良いかも。
c0039145_9563235.jpg
テラスからの眺めはこんな感じです。ビーチが見えて風が抜けて気持ち良いですね〜
c0039145_1002977.jpg
朝夕のお散歩はほぼ貸し切り状態の多々戸浜で自由に走らせてます。ジャニス気持ち良さそう〜
c0039145_1023737.jpg1日目の施工はほぼ終わり。
本当はもっとオキラクに考えていたのだがやってるうちにハマって来て、施工にも拘って来てしまいかなり集中しましたね。実はワシは職人気質なのかも(笑)
ここまでで土間のタイル貼りは概ね終了。
明日はエントランスのタイル貼りと細かな修正と手直しですな。うむ楽しい。
※※ 続く ※※
c0039145_10122859.jpg

by shinji-takahashi | 2008-10-21 20:00 | D.I.Y
c0039145_234737100.jpg
今年も秋の風物詩High-Drived 2008がやって来ました!
c0039145_2348353.jpg世界的にも希少なロータリーターボエンジンとオープンカーの組み合わせであるマツダRX-7カブリオレの単一車種にるオフラインミーティングです。例年通り岐阜県の瑞浪市にある地球回廊広場です。
今年も総勢40台程の台数が集まった様です。毎年毎年参加台数が増えて行ってますね。
この車は発表当時はかなり高級で高額な車だった為に若き頃のワシにはただ単に憧れの車でしたね。
c0039145_23505069.jpg当時は高嶺の花で購入できなかった車が大人になったオヤジ達が中古で買える様になってセカンドカーとして買って弄って遊ぶ為の車ですね。
って事でワシらの年代がコノ車のオーナーとしては一番多い様ですね。
なので弄るにも昔みたいにただ単に馬力出したり、ゴテゴテ変な物付けたりせずセンス良く弄ってある車が多いですね。
c0039145_23523772.jpgそんなオジサン達のミーティングも今回で5回目です。
毎年毎年参加させて頂いています。ワシ的には4回参加してます。
と言うことで、ジャニスも4回目の参加です。もう重鎮です。
毎年ココでしか逢わない人もいますので、そう言う意味でもこのミーティングは楽しみですね。
我々関東組は朝方に中央道・談合坂SAで集合して岐阜・瑞浪へ向かいます。
我が家はETC深夜割引を適応させる為にAM4時までに中央道の八王子ICを通過しなくてはなりませんのでAM2時過ぎには自宅を出ます。
c0039145_2355555.jpg早めに談合坂SAへ到着してしまいますので早朝のお散歩は談合坂SAで済ませます。
飼い主の都合で早起きさせられ、散歩場所も勝手に変えられるジャニス嬢です。毎年の事だから良いよね!
談合坂SAからはいつもの変態・・いや編隊走行です。RX-7カブリオレだけの集団が高速道路をそうこうしてる姿は興奮するし、目立ちます♪
c0039145_2353501.jpg瑞浪地球回廊へ到着すると既にRX-7カブリオレ達が整列していました。
ワシのカブちゃんはコーギー犬"ななちゃん"のパパのこうぞうさんの梅干色カブリオレの隣に止めました。
早速ジャニスは走って挨拶回りです。この頃はまだ元気一杯です(笑)
ななちゃんともココで毎年1回は会ってます。
隣に停めたお陰で、ななパパにジャニスが猛烈アタックして甘えた際にヤキモチ焼きのななちゃんに吠えられたのですが、ななちゃんはジャニスが大好きな様で臭いを嗅ぐ為に付いて廻ってました(笑)
c0039145_23573673.jpgジャニスも本当はななちゃんのお尻の臭いを嗅いだりコミュニケーション取りたいのですが、1度吠えられてからななちゃんと目を合わせません(笑)
「ななちゃんと遊びたいけどちょっと怖いなあ〜やっぱり人間が優しくていいや〜」とジャニス嬢。
ジャニスが1年振りの皆に挨拶回りをしてる間にワシは皆の車を見て回ります。
色々と参考にさせて頂くモディファイが多く有るので下手な雑誌より情報源ですねこのミーティングは。
c0039145_23585618.jpg
4回参加してるジャニスは流石にココでは有名犬です。色々な方々から撫でてもらったり、車にまで乗せて頂いたりしてご満悦ですね〜皆様、いつもありがとうございます。
c0039145_23593410.jpg
さて、カブミ恒例の「並べまSHOW」です。勝手に命名しました。
c0039145_05989.jpg折角単一車種なので奇麗に整列して並べたくなるもんです。
って事で毎年何となく並べてます。今年は趣向を変えて「フレームナンバー順」です。
ま、要は生年月日順みたいなもんですね。はい。
フレームナンバーが隣同士の車が有ったりしてなかなか面白い順番でしたね。ワシのは後期モデルでも以外に後ろの方だったので比較的新しめと言う事になりますね。
今年は一直線に40台並べたんですが、そろそろ物理的に並べるのは限界ですね。
c0039145_012289.jpg来年は一直線では無理っぽいですね〜何か考えないとね。
一列に並んだRX-7カブリオレ達を魚に話が弾むオジサン2人。
一体何を話してるんでしょうかね?暗い過去自慢でしょうか(笑)
妙に哀愁が有ります。
こういうオジサン達がチョットやんちゃだった懐かしい昔に帰る事が出来る"プチタイムマシーン"の様なRX-7カブリオレですね。
c0039145_024745.jpgさんざん皆と遊んでもらい、終止ご満悦だったジャニス嬢はここでガソリン切れ。
既に夢の中です(笑)
毎年なぜかこのミーティングの日は天気が良くて不思議です。今年もご覧の様にピーカンで暑いくらいでした。間違いなく日焼けしました。
一応、今年のワシのこのミーティングに望むテーマは「マッタリ」なので今年はテーブルと椅子出して皆のRX-7カブリオレ達を肴にコーヒー飲みながらマッタリでした。良い休日でした。
c0039145_033843.jpg

by shinji-takahashi | 2008-10-19 22:30 |

稲刈り2008

c0039145_045290.jpg
今年も例年の如く秋になりました(当たり前だな)
c0039145_061521.jpg秋と言えば、運動会と学園祭とカブミと稲刈りです。
と言うことで寒川での毎年恒例行事の稲刈りです。はい。
今年はジャニスも参加です。はい、何も手伝ってませんがね。
休憩中はオヤツをおねだりです。しかも見つめたらオヤツくれそうな優しげな人を見極めて、その前にお座りです。やるね。
今年は稲刈り機の調子が悪くスロースタートだったのですが例年より男手が多く、作業はチャッチャとはかどりました。
c0039145_0123283.jpgって事でスロースタートの割にはいつもの時間に終りましたね。
稲を刈るには今は機械で刈ります。そう稲刈り機ですね。
稲刈り機で刈った稲は自動で束ねられ稲刈り機より排出されるので、それをハザに掛けて逆さまにして約2週間ほど天日で干して乾燥させます。
最近の高性能で高価な稲刈り機は、脱穀機も兼ねて(いわゆるコンバイン)てその場で脱穀もしてくれますが、この天日で干すという行程が有りません。
c0039145_0132963.jpgコンバイン使用の場合は天日で干す代わりにヒーターで強制乾燥させます。
強制乾燥より逆さに吊るして天日で干した稲の方が断然美味いと良く言われます。
逆さで干す事によって葉に残ってる栄養分も稲穂の方に落ちて来るとかも言われています。真偽は定かでは有りませんが、そう言われ続けています。
天日で干すと約2週間後には脱穀という行程も発生します。コンバインで稲刈りをするとその場で脱穀もしてしまうので、1工程省略できます。
この脱穀という1工程を省く事をする為には、コンバインを用意しないと出来ません。
コレが高いんです。ちゃんちゃん。
c0039145_027588.jpg高いコンバインを買って1工程省き効率良くお米を作るか、大変だけど手間をかけてより美味しいお米を作るか。の選択ですね。
それでも随分と効率よくなってる様です。例えばこのハザ(稲を干す竿?)も以前は竹で出来た、バランスも見るからに悪い様な物だったのが今では鉄製の足場パイプの様な物で組み立ても簡単に出来ます。ちょっとした台風くらいじゃ倒れないらしいです。
この田んぼにはカエルも虫も一杯います。
農薬も使っているし合成肥料も使っているんだけどね。昨今の農薬は本当に良く出来ている。
c0039145_0351987.jpg理想を言えば、無農薬有機農法なのかもしれないが効率とコストを考えても限りなく人体に無害な農薬であれば問題は無いと思う。
コレからの半自給自足生活には効率的にほどほど良い物を作って行ければ良いかな?と思っているから、有益な農薬、化学肥料は積極的に取り入れて行きたいと思っている。
当然、調べての上の話ですがね。
千葉でも稲田は休耕田として余っているとも良く耳にします。休耕田を刈りて稲作が出来れば良いな〜と。来年は自分の田んぼ借りれてるかな〜?うしし。
by shinji-takahashi | 2008-10-12 20:00 | アウトドア
 ■冷たくて、おいしい! 「子供が飲む風景」が戻った・・2008/10/7サンケイニュース
 かつて「まずい」「臭い」といわれた大都市の水道水が、この10年で劇的に進化している。ボトル水に比べ、格段に安く環境にも優しい水道水。地球温暖化や世界的な水不足を背景に、欧米各国で水道水への注目が高まるなか、”蛇口回帰”に向けた国内の取り組みを追った。(中曽根聖子)
c0039145_12244722.jpg ≪五輪招致の鍵≫
 「東京の水道水は驚くほどおいしくなった。冷やして飲めば、市販のミネラルウオーターに負けません」
 東京都水道局の筧直(かけひ・すなお)調査課長はこう胸を張る。都は「水は東京五輪の招致に重要なキーワードになる」として、英語版のポスターも作成。蛇口をひねれば安全でおいしい水が飲める都市、TOKYOを世界に向けてアピールする。
 東京の水道水に苦情が殺到したのは昭和40、50年代。急速な都市化で、生活排水や工場排水が川に流れ込み水質が悪化したからだ。その対策として都が平成4年以降、金町浄水場(葛飾区)をはじめ各地の浄水場に「高度浄水処理」を導入したことで水質は劇的に改善。オゾンと生物活性炭を組み合わせた浄化槽で、従来の施設では処理しきれなかったカビ臭物質やアンモニアなどを除去し、安全でおいしい水が供給されるようになったのだ。
 ≪キャラバンで啓発≫
 9月下旬、金町浄水場の見学に訪れた台東区立富士小学校の児童は、浄水場の水に舌鼓を打った。
 「すぐ近くを流れる江戸川から取水して、6時間以上かけて安全でおいしい水をつくるんだよ」
 職員の説明とともに、沈殿・濾過(ろか)などの実験で濁った水がきれいになる様子を見た児童は「水を大切に使いたい」「きれいになって驚いた」と歓声を上げた。
 日本水道協会によると、水が「まずい」といわれた大都市のほとんどが「高度浄水処理」を導入している。
 「すぐ近くを流れる江戸川から取水して、6時間以上かけて安全でおいしい水をつくるんだよ」
c0039145_12264837.jpg 職員の説明とともに、沈殿・濾過(ろか)などの実験で濁った水がきれいになる様子を見た児童は「水を大切に使いたい」「きれいになって驚いた」と歓声を上げた。
 日本水道協会によると、水が「まずい」といわれた大都市のほとんどが「高度浄水処理」を導入している。
 だが、16年に武蔵工業大学の長岡裕教授らが全国1130の小学校を対象にした調査は、子供の“蛇口離れ”の実態を示し、関係者を落胆させた。休憩時間などの水分補給に水道を利用している児童は約半数にとどまり、約4割は自宅から水筒を持参。大阪や兵庫など夏場の平均気温が高い西日本各地で水筒持参率が高いことも判明した。
 長岡教授は「病原性大腸菌O157の集団感染が起きて以降、水筒の持参を認める学校が増えたことや、蛇口の水がぬるくて飲みたがらないといった事情もある」と理由を指摘する。
 こうしたなか、「蛇口回帰推進計画」を展開する都水道局は、実験や寸劇を通して水道の役割を知ってもらおうと小学校を回る「水道キャラバン」を開始した。
c0039145_12275971.jpg ≪直結給水化≫
 横浜市水道局は17年度から「子供たちが水道水を飲む文化を育む事業」として学校の「直結給水化」をスタート。学校の校舎は受水槽に水をためてポンプで屋上のタンクへ水を揚げて各階に給水するのが一般的だ。ところが、少子化で子供の数が減り土曜が休みになったことで、受水槽に水がたまる時間が長くなり、水がおいしくないと感じる原因になっているという。「冷たくフレッシュな水を飲んでもらい、未来を担う子供に、世界でも貴重な蛇口から水を飲める文化を継承していきたい」と布施斗志男(としお)給水課長。
 こんな願いを込めて、水道局は市内の全小中学校の水飲み場を順次、水道管からの直結給水に切り替える工事に着手した。すでに工事を終えた学校では「水が冷たくなった」「おいしくなった」と評判も上々。子供たちが、のどをゴクゴク鳴らして蛇口の水を飲む風景が戻ってきたという。
 長岡教授は「子供のころから水道水は飲用という意識をもってもらうことが大切。ゴミや廃棄物を減らすだけでなく、湖や川、森林など身近な自然や環境を考えるきっかけにもなる」と水道水を飲む意義を訴える。
*****記事ここまで*****

恐ろしいね、これ。美味しい(と言うか不味くない)水と安全な水の違いが分かってない人が書いてるし、分かってる人(水道局)はそれについては触れてない。市民を騙そうとしてるしか考えられない。
まず、高度浄水処理の中身、内容については全く言及してない。ま、中身言ってしまえば今までの浄水方法と大して変わらない事がばれるからね。
c0039145_12301189.jpgそれと、本当に問題なのは水道水中のトリハロメタン値だと、色々な書籍にも書いてあるが、そのトリハロメタン値についてはまるで触れてない。なぜなら高度浄水処理だろうが通常の浄水処理だろうが最終工程で塩素消毒をするので各家庭にたどり着く間に塩素分子がトリハロメタンに変遷してしまう事は明らかだからだ。
分からんのは何故、水道局が水道水直接を飲ませたがるのか?大掛かりなテロか?水道水を飲み続けた市民が5年後くらいにバタバタ発ガンして死んでいく・・
コレが最終目標か!そうか、増えすぎた都市部の人口を減らす為には飲料水に毒を混ぜればいとも簡単に壊滅的打撃を与える事が可能だね。
by shinji-takahashi | 2008-10-07 10:00 | よもやま

ITも破綻・・

c0039145_2302867.jpg自然の摂理です。能力がなかったり、枠を超えている所は崩壊します。
いわゆるITバブルと言った時代、つい先ほどです。21世紀になってからです。
そのITバブル時代にはIT系の仕事は腐るほどありました。システム構築等いわゆるプログラミングを多様する仕事が大半を占めてました。
伝票処理、電話対応、データベースなどそれぞれを連携させるようないわゆる基幹業務システム的なものです。今までの時代は紙ベースの物だったのが素晴らしく使い勝手の良い基幹業務システムへ移行するのも業務の効率化を進めるには良い手段でした。
要するにITバブル時代は基幹業務システムを作り、導入する仕事が山ほどあり、それに携わる人間が増えたということです。駄菓子菓子、今までのバブルと違う点が一つあります。それは仕事自体が個人レベルで可能な作業が大半を占めるということです。つまり基幹業務システムを導入するに必要なものは、導入のコンサルティング業務と基幹業務システム自体を作り上げるプログラミング作業が最も大きなウェイトを占めます。
c0039145_2311651.jpgこの大半を占めるプログラミング作業は、個人でも出来る作業内容が多いです。夜中に一人でパソコンに向かって黙々とプログラミングを続ける姿は、いわゆるオタク系の人間たちの日常の姿として定着してると思います。そのオタク系の人間達がこのITバブルで一気に脚光を浴びたのです。
夜を徹してプログラミングを作る作業、これはオタク系の人間たちにとってさしあたり苦でもない事です、なぜなら彼等にとっては徹夜のプログラミングは趣味のようなものであり、鉄や仕事イコール苦痛という公式が彼らには当てはまらないのです。
かくいう日本経済は、オタク系プログラマーを多数抱える事により一気にITバブルへ昇り詰める事が出来たのです。
さて、ITバブル絶頂期にオタク系プログラマー達は夜を徹してプログラミング作業を続けた、そこで所謂仕事の対価として残業代、深夜手当てなどバブリーに支払われたのだった。
c0039145_233737.jpg今まで、趣味で行うゲーム等のプログラミングは浪費でしかなったのだが、同じ作業で多額の残業代+という金額をもらえるように成っていったのであった。
その中から独立してプログラミング業務を請け負う個人経営者が自然に発生するのには時間は掛らなかった。請負個人経営者達はいままでの給料とは桁違いの請負料が仕事単位で入ってきます。つまり更に収入が増えるわけですね〜って事で猫も杓子も独立したがります。
そこで問題は仕事をどうやって獲得するか事務所をどこで構えるか、が独立する上で重要な事項ですね。
まず事務所問題ですが、変な話プログラミング業務が大半を占めるSE的仕事の請負では、仕事場は自分のPC1台あれば出来るので自宅でも喫茶店でも出来ます。登記上自宅を事務所にしてしまえばいとも簡単に独立開業可能です。と言う事で小さな個人事務所を設けて開業。
次に仕事をどうやって獲得するか。これも今までいたIT巨大企業から直接請け負う事が可能です。IT巨大企業も仕事が自前で処理できないほどバブル期には案件を抱えています。独立して社員ではなくなった人間が労働基準法の枠からはずれてくれて、連夜徹夜で作業をしてくれる事は、まさに渡りに船です。
なので独立した請負会社へプログラミング業務は委託します。つまりココで重要な事ですが独立した個人経営の会社はIT巨大企業から仕事が貰えるので営業活動をする事がなく、莫大な利益を得る事ができるのです。実にコレは営業能力の非向上を意味します。致命的ですな。
c0039145_234761.jpg世の中ではIT巨大企業による業務のいわゆるIT化が進み効率良く仕事が出来るようになりましたが、次は仕事のコスト削減という命題が待っています。
製造業で一番掛る人件費を削減する為に日本経済の根幹を成すであろう物作りが人件費の安い海外へ流出するようになりました。
そもそもITという業種は製造業へ付随するものです。つまりは製造業が冷え込んだ事によりIT自体もニーズが減ってきております。当然ですね、というか予見は出来てましたね。
ITバブルの崩壊が始まりました。製造業が冷え込み、付随するIT業界もこれ以上の対価を払ってまでのインテグレーションが必要なくなり仕事自体が減り始めます。
c0039145_2352711.jpgそして・・IT巨大企業に仕事があるうちは独立個人請負会社は潤沢に利益を発生しますが、昨今のITバブル崩壊と共にIT巨大企業も請負に仕事回すほど体力もなくなり、自社が抱える社員の給料を支払う為に仕事は社内で処理する効率的な方法を取らざるを得ないようになりましたので、独立した請負会社へは仕事を発注できなくなりました。
今まで営業力無しに仕事を得てきた独立請負会社は他への企業、業種への営業が困難と思えます。ここで営業力がある会社であればある程度は生きながらえるでしょう。が、営業力の無いと思われる大半の独立請負会社は仕事を得る事ができずに収入も途絶えます。
今までITバブルの恩恵を受けてきた個人の独立請負会社、いわゆるIT長者達は収入を得る術をもたずにバブル崩壊の荒れた大地へ投げ出されたのです。
超高級タワーマンション、派手な服、高価な車、グルメなディナー。。などIT長者達の夢のような生活をしていたIT長者も無収入になりうるのです!
あ〜、他人の振り見て我が振り直せ。
by shinji-takahashi | 2008-10-01 16:00 | よもやま