高橋新志の雑記帳です。くだらない事から機密事項までホゲホゲと書いてあります。


by shinji-takahashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

単管ガレージ

c0039145_9585950.jpg
結局サイト2とサイト3の間の土間には単管で屋根を作りました。
c0039145_100471.jpg気持ち的にはH鋼などの鉄骨でちゃんと組んで溶接して土台もシッカリ作る大屋根を作りたかったのですが、一人で黙々とコーヒー飲みながら作業出来る単管で簡易骨組みを作ることにしました。
そこへポリカ(もしくは塩ビ)波板を貼り付け、屋根とします。いやー簡単ですまん。
ま、基本一人での作業が主なんで単管で組み立てるのが精一杯と言えば精一杯です。
c0039145_1013378.jpg単管で骨組みを組み立てながらコーヒー飲みながら、波板を貼り付ける横梁を一応、防腐のため屋外用塗料で塗り塗りします。
色はアイボリーとさりげなくね。
ハウエバーしかしながら、これが意外と骨が折れる作業でした・・中腰で塗り続けるために腰が即死でした。
ジャニスもさりげなく手伝ってます(手伝ってないかw)
c0039145_10153964.jpg
骨組みの単管を組み上げるには↑このクランプ君達が活躍してくれます。
c0039145_10173482.jpg左から「直交クランプ」で骨組みをガッチリ固定するのに使います。基本組み上げるのはコレです。
左から2つ目が「自在クランプ」で名前のとおり自在にクランプが360度動きます。回ります。梁を支える筋交は45度くらいで支えるので、コレを使います。
そして左から3番目にあるクランプが「垂木固定クランプ」と言いまして、単管に木の梁を固定するのに使います。木ねじを垂木に直接揉んで固定します。
c0039145_10282899.jpg一番右のクランプが「自在垂木固定クランプ」です。
名前の通り、垂木固定クランプの自在版です。今回は使ってません。
で、単管を切断するのには「高速切断機」を使います。今回使用した高速切断機は木更津在住のMさんにお借りしました。
これでバッサバッさ切って行きます。いままでしゅどうの小さな単管カッター使っていたので雲泥の差です。スペシャルサンクスMr.M♪
c0039145_1036466.jpg
まずは骨組みです。単管ガレージ(土間屋根)の基本部分の組み上げです。直交クランプでガッチリ固定します。
c0039145_10375440.jpg
長いスパンのところには補強のための筋交を自在クランプを使って取ります。実はココまで来たら何気に8割がた完成です。
c0039145_10395254.jpg
波板を貼り付けるための梁を垂木固定クランプにネジで揉みます。
c0039145_10461643.jpg
とりあえず完成です。夢にまで見た屋根つきガレージです♪
c0039145_10485381.jpg屋根に使う波板も奥の暗くなりそうな部分では塩ビの半透明な白を使ってます。手前の開放部分側には今まで使ってきたポリカのブラウンで日除けも兼ねて。
まだ横の上側には風を抜くために隙間を作ってあるので、そこから雨が吹き込んで来る事でしょう。このあたりも塞がないと冬は寒そうですね~これからの課題と言うことで。
今後も色々トラブルも発生するだろうし、どんどん進化する予定です。乞うご期待。
by shinji-takahashi | 2010-11-23 18:00 | ツビオバーチ